So-net無料ブログ作成
ナツ読み ブログトップ
前の10件 | -

ナツ読みはこちらに統合します [ナツ読み]

読書欄はこっちに統合することにしました。
booklogの本棚
↓↓↓
http://booklog.jp/users/librarabit
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ホンノコト [ナツ読み]

img906.jpg
<CONTAX Aria/Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4/Kodak TRI-X 400>

この2ヶ月間、ずっと本を読みっぱなしだった。
本当に色々、手当たり次第、孫子読んだから呉氏みてみよう、じゃぁ孟子は?
みたいなマインドマップ的広がり。おかげでいくつか良い本に出合えました。
何冊か紹介してもらっていますが、個人的な趣味でばしばし読んでいきます。
あきれば、もうそれは辞めて図書館に返して、新しい本を借りてきます。

あ、そうそうJALを立て直して稲盛和夫さんは利他主義で有名ですが、
神仏系好きかも?とか根性論とか大すきそうです。

3日で2冊を読むペースで、本によっては時間がかかったり、あっという間に読めたり。
何か言いたいことを抽出できる、この人が言いたかったことって何?
というのを探して勝手に考えるのば僕の読み方です。

この前、代官山の蔦谷書店に行ってきました。
個人的には、あざとさが見えてあまり好きじゃないかも。
あと、皆お客さんが持っている本が雑誌(じゃらんとか)。
アイスのスタパについている水滴を触った手で平気で本を触る。
雑誌を何十冊も席に置いて、見ているのはiphone。
これが21世紀の書店なのか?蔵書が珍しかったり多かったりするんだろうけど
本を手に取ろうと思えなかった。

対極にあったのが無印有楽町でやっていた「編集」。
本を薦める人が責任もって選んでいる。読んでみたい本もたくさんある。
初めて知ったことも多かった。本を手にとらせる。

片方はビジネス、片方はイベント。でも内容としてよかったのは個人的には無印。

まぁそんなこんなで本から目を話すことのできない時期を過ごしてきました。
見えている景色は、こんな写真です。霧の中にいるようでぼわーっとして輪郭だけが見える。
遠くにあるのは過去に読んだ本たち。近くにあるのは最近読んだ本たち。
どれも大事だけど、やっぱり昔読んだ本はかすれていく。
そうしないために記録をつけることにしたんだ。
いつ撮ったかも忘れた写真を見直したときに浮かぶエピソードがわかるような
そんな感じがよいのだけれど。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

これは果たしてマーケティングなのか? [ナツ読み]


ピース.jpg
これが全国の書店に並んでいるわけなのですが、
はじめてみたときは、購入した本屋が手書きポップで
作ったのかと思い、信用して購入したのでした。

内容は…。まぁそれなりであおりに負けたわけです。
そして別の本屋でも同様のポップ。
出版社が作った販促物だったことに今更ながら気づきました。
それだったら帯と一緒で信用してなかったと思います。

でもこれはマーケティングなのでしょうか?
担当者は一生懸命知恵を絞ったかもしれませんが…。
これじゃレビューのしっかりしているAmazonのようなところが売れ、
(信用の無くなる)書店が売れなくなるスピードを速めることに
ならないのでしょうか?
本が売れればよいのでしょうか?僕は「本屋」も好きなんですが
この「あざとさ」にがっかりしてしまいました。 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「走ることについて語るときに僕の語ること」について語ること [ナツ読み]

 Booklogを初めてなんとなく、本をまた読み出すようになった。
面白い本もあれば、まぁそれなりの本もあるけれども
「走ることについて語るときに僕の語ること」は本当に良かった。
以下、自分のブクログより一部抜粋。自分のためにいつでも戻れるように。
--------------------------------------------------------

走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)

走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)

  • 作者: 村上 春樹
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2010/06/10
  • メディア: ペーパーバック


彼の価値観は、まるで絞りを開き撮る写真のように一定の空間軸に或る。
あとはその手前にあるか、奥にあるかであり、感じているよう。
エルサレム賞のスピーチでもあった

“Between a high, solid wall and an egg that breaks against it,
I will always stand on the side of the egg.”はそれを表現しているし、
ただ、一番近くにあるのは読者であることは間違いないだろう。

我々はこの本を通じてすべきことは、彼のカメラのファインダーに
目を近づけてそっと彼の価値観というレンズを通した世界を覗くだけでよい。
そうすれば、彼が本能で感じたこと、経験したことにより学んだことを
きっと少しは感じることが出来るではないだろうか。
--------------------------------------------------------
ただ、今の僕には走る気持ちは一切無い(苦笑)

 

そういえば、


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

そこにシビれる!あこがれるゥ! [ナツ読み]

supur.jpg
買っちゃいました、今月のSUPUR。荒木先生、凄すぎます!!
おれたちにできない事を平然とやってのけるッ. そこにシビれる!あこがれるゥ!」
しかし、インタビュー記事を読んだけど、また若返ってないか…?


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

読書の夏 [ナツ読み]

booklog.jpg

先日、同僚に誘われて今更ながらbooklogをはじめた。
腰に怪我をして一週間動けず、さらに一ヶ月松葉杖で
楽しみも無く過ごしているのを見かねてのことだった。
ルールは一つ、マンガを入れないこと。

昔読んだ本を思い出したり、まとめたりしていて結構思い出せないものがあるけど
思い出せる本は、小学生の頃に読んだ「海底二万里」とか「指輪物語」とか
良い本が多かった。

本を並べると不思議なのもので読書の秋を前にして、
夏休みの読書感想文に追われる子供のように本を読み始めた。
僕は読書感想文はわりかし得意なのだ。
「銀河英雄伝説」で埼玉県のコンクールに選ばれた友人にはかなわないけど。

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

小さな行動から大きな力に [ナツ読み]

後輩の同期からのメールを見せてもらい、転載させてもらいます。
掲載してどうなるわけじゃないけれど、テレビの画面を通してみているより
震災の恐ろしさを、理解ではなく感じました。
----------------------------------------------------------------

我が家(ちょっと片付けた).jpg
(彼の自宅の写真)

皆さんのご親族、ご友人、会社の方は無事でしたか。
ご存知の通り、今回の地震の"被災者"となってしまいましたが、
現在は無事にいますのでメール致しました。

当日は午後FHを取っており、自宅にいました。
ベッドにいましたが、部屋が崩壊していく姿をまじまじと見てしまいました。
(中略)

「今何か出来ることは!?」と頻繁に聞かれますが、
今のところ大きな力を借りることはないのです。

1点だけ何かお願いするとすれば、ボランティアをするのに、
募金という形でも良いですし、物資を送るでもいいと思います。
もっと簡単に、隣の人に優しくする、困っている人に
声を掛けるなどしてあげてください。
小さな行動から大きな力に変化すると願っています。

ライフラインはまだガスが復旧していませんが、風呂以外の不自由はなく、
海岸沿いと比べれば、都市部にいる私は被災者ではない・・・、と感じています。

また、帰省したときに、東京にいる方々も停電、節電、買占めなど
とても大変な状況と理解しました。

皆さんも不自由な生活が続いていることと存じますので、
どうぞご自愛くださいね。
だいぶ硬くなってしまいましたが!
とりあえず無事ですので!
またかえったときにゆっくり飲みましょう! 
長々お仕事お邪魔してごめんなさい!
働きすぎは良くないよ!

以上です。長々失礼しました。
----------------------------------------------------------------
彼は僕よりおそらく10歳程年下で、入社してまだ3年くらいだと思います。
彼の強い意志を同じグループ会社で働く一人として陰ながら応援したいと思います。
(なかなか会う機会もないので…)

このblogを観てくれた皆さんも、彼が書いている
「簡単に、隣の人に優しくする、困っている人に声を掛けるなどしてあげてください。」
という行動をぜひお願いします。

僕もできるかぎりのウエシマ作戦ヤシマ作戦実行中です。

yashima02.gif


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Pray for Japan 黄金の精神 [ナツ読み]

荒木先生の故郷でもある宮城、東北での復興を願って
「黄金の精神」で再び立ち上がるために。
スライド1.JPG
スライド2.JPG

スライド3.JPG

被害にあわれた方へ心からのお見舞いと、
お亡くなりになられた方のご冥福をお祈りします。
自分はまずは、今、自分が出来ることを。


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

昨日なに読んだ? [ナツ読み]

ってことが無いように、備忘録として。

相変わらずの濫読だなぁ。


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ビジネス書って当り外れがあるのね~ [ナツ読み]



ビジネス数字力を鍛える (グロービスの実感するMBA)

ビジネス数字力を鍛える (グロービスの実感するMBA)

  • 作者: グロービス
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2008/07/04
  • メディア: 単行本





あまり僕は会計に強くないのです。それでこの本を買ったのですが、
この内容はマーケティングにおける分析で使う数字からどんな意味を
感じ取ることが出来るかという内容のものでした。
グラフをつくることが仕事と勘違いしている人が多い中で、
いかにロジカルに妄想力を膨らませれるか(失礼!)が大事なのかなぁと。
事例を元に書かれているので、2日くらいで読めます。

価格戦略を知る者が「利益」を制す (Harvard business review anthology)

価格戦略を知る者が「利益」を制す (Harvard business review anthology)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2005/03/04
  • メディア: 単行本
価格戦略本の中では比較的読みやすいほうにはいるのではないでしょうか?
ただしハーバードビジネスレビューなのと、ちょっと古いせいもあって
答えはこの中には無いです。。。きっと。
大事な言葉とかは少し入っているので、あとでまとめておこうと思います。

経営本とかで面白い本があったら教えてもらえると助かります。

nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - ナツ読み ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。