So-net無料ブログ作成
検索選択
ナツモノ ブログトップ
前の10件 | -

あげるUNDERCOVERISM [ナツモノ]

4cf9ea6c3c6f11e2b1d222000a1fb859_7.jpg

ようやく東京は暖かい日が増えてきました。
今年はいきなりトップギアで20度越えとかありましたが
この前は最高気温12度や14度とまだ安定してなかったり、
昼と夜の寒暖の差が激しかったりで、スーツは夏物にしましたが、
まだ時々秋冬物のコートで調整中です。

この前、ふぐ料理を安く出してくれるという割烹に連れて行ってもらいました(割り勘で)。
帰りにお店を出るときに80歳を越えた女将さんが
「あーた、良い別珍のコート着てるわね!」と顔を赤らめて褒めてくれました。

去年の冬に購入したUNDERCOVERISMのコートを着ていたのですが
UA TRANSFORM SHOW
普段じゃ絶対に着ないようなものを試したら思いのほかテンションがあがり、購入したものです。
着る自分の気持ちを盛り上げてくれて、楽しくさせてくれるものはなかなか少なく、
また新しい服に出会える機会をくれた企画に感謝です。

そして、まさかの女将さんに服を通して声をかけてもらえるというのも
自分を取り巻く世界が少し変わったと思える瞬間でした。
自分だけじゃなく、周りの気持ちも上げてくれる。
女将さんが30歳くらい若返った上気した顔で、部屋の湿度もちょっと上がった夜でした。

ただ「これ、日本製でしょ、日本製に決まってる。絶対日本製」と服のことしか
褒めてくれないので、次は自分が褒められるような男になろうとも思いました。おしまい。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スタンド使いはひかれあう [ナツモノ]

前に新幹線の話を書いたのだけれども、
ありのまま今回の名古屋への出張で起こったことを話すぜ。

行きの東京→名古屋。夜8時30分出発。
ぎりぎりまで資料の作成とプリントアウトを100ページ×10部行い、
へとへとになり(僕の体力は他の人の7割程度しかない)、自腹でグリーン車を選択。
明日が本番だから、疲れているから、これくらいならといういくつかの言い訳をつけて
もう惰性に流されて飛び乗る。僕は新幹線が苦手なのだ。
窮屈で、明るすぎて、座席が硬くて、もう何度も乗ってると拒否症状が出てきてしまう。
それでもグリーン車なら、席も広いし、隣に人は座らないし、
シートも倒せるしなんとか自分を誤魔化せる。

というわけで、座ったシートの後ろには、あろうことかあきらかに60代の社長らしき人物と
中国系の愛人(と想定される人)が陣取っていた。
木曜の夜のグリーン車はすいていて、一列ずつ離れて乗客は配置されているのに、
なぜか僕のところだけが並んでいた。まぁ仕方ない。運が悪かった。
そう思い込ませていたら、後ろの愛人が大きい声で
「シャチョーサンスケベナコトカンガエテルネー」とか「ワタシジモトニ6ニンコドモイルヨ、
イマノジダイコンナニコドモイタラツカマッテシマウヨ」とか
「ワタシツカレタカラシャチョーノヘヤイッテモスグネルヨ」
「シャチョーノオクサンニバレタラタイヘンヨ、ワタシクチガカルイカラキヲツケタホウガヨイネ」
とか話し出し、ちっとも落ち着く状況じゃない。
でも一人っ子政策に反対する革命戦士だと思えば、
長州力と同じだからよいじゃないかとやりすごして何とか時間を過ごす。

結果精神的に大分やられながらも、ホテルに到着、すぐに寝て翌日の仕事は無事終了。
帰りはどうしようかと思ったけど、さすがに金曜の夜の東京行き新幹線は混んでいる。
そしてアルコールとおつまみの臭いのコンボがやってくる。
どうする?そりゃもう疲れたし、年度末だし、自腹でグリーン車を迷わず選択。
もう完全に自堕落モードだ。ただやっぱり神様はそんなことを許してくれない。
「神よ…あんたは俺をくせー所へやるのがお好きなようだ」

今日の本題はここからだ。先に書いたようにグリーン車は基本的かどうかは知らないけど
一人の人間で一列を埋めているようだ。隣に座るのは家族とか親しい関係の
人だけの場合が多いらしい。そしてその帰りの名古屋→東京のグリーン車も
どちらかというと空いている列が多かった。
それなのになぜか僕の隣にこんな人が座った。スージーQなら喜びそうな人だ。
スライド1.JPG
なぜだ?前も後ろの列も人はいないのに、なぜ僕の列だけ隣に人がいるんだ?
これは何かの陰謀かも知れない。罠だ。逆ハニートラップだ。
スライド2.JPG
友情運とかいらないし、ただ平穏に過ごしたいだけなのに、なぜだ何故なんだ?
スライド3.JPG
選びたいのは(1)だが荷物が多くて身動きできないというか、怖い
ということで
(2)の車掌がきて助けてくれるを選びたいところだが、
切符の確認は普通に終わり、車掌さんは行ってしまった…
スライド4.JPG
現実は非常である。これが結論だ。グリーン車の席を自腹で取ったにも関わらず、
怖くて緊張して動けない。肘が当らないように身体をきゅっとさせる。
足なんて組めるはずがない。ましてや楽しみにしてたじゃがりこなんて音が立ったら
ご迷惑でイラッとして、顔面に一発ストレートを食らった挙句、
親指を目に食い込ませようとしているかも知れない。
きっとミスター(隣の人)のズボンの右後ろのポケットに
メリケンサックが入っているような気がしてきた。

豊橋あたりで、トイレに行く振りをして、覚悟を決めて荷物を残し席を立った。
これは戦法だ。あくまでも「逃げる」という手段だ。

だがあせって判断を誤り席の前方にあるトイレに行ってしまった。
ミスターが寝てくれれば、適当にあいているグリーン車のシートに座って隠れるのだけれど、
自動ドアを開けて何度か確認しても、しっかり起きていらっしゃるシマツ。
さらに自動ドア付近に座っている人に迷惑そうに見られるシマツ。
他の乗客には「あいつ、自由席からグリーン車にもぐりこもうとしているぞ」と思われてそうなシマツ。

さらに戻ってきて別のシートに座ったらミスターに
「あ、あいつ席移りやがった」とか思われる可能性もあるし、
戻ったら戻ったで「ち、立つのか、面ドクセーナー」とか思われる可能性もある。

全ての可能性を机の上に出し、最善の方法を選択するのが良いスパイだ。
ただ、自分がスパイじゃないので、その方法を選ぶのに時間がかかるだけだ。
ということで最終的に席に戻るのに新横浜までかかっただけのことだ。
ミスターが降りていったからだけど。

またもや新幹線で良い思いができなかった。というか悪すぎる環境になぜかはまった。
今後も新幹線のお世話におそらく月二回以上なるはずだけれども、
次は何があるのか、恐ろしすぎて楽しみにすらなってくる。
今度こそ、皆さんに良いご報告ができることを心から祈っている。

To Be Continued
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

感謝感謝 [ナツモノ]

キャプチャ.JPG

おかげささまで60万超えました━(゚∀゚)━!
閲覧数を目標にしているわけではないのですが、
なんかこう、積み重なってくるとなんとなく実感があります。
もうblogを7年近く続けている自分に驚きです。

近年、僕の中でのblogの立ち位置はかわり、
FBやtwitterみたいなものは瞬間的に感情を表現する場となり、
blogやWEBでの表現は時間をかけて記載する場所となりました。

時に3ヶ月近く放置しながらも、ちょこちょこと続けれている理由はあまりないのですが
挙げなくては行けない義務感もなく、自分の都合であげれるところでしょうか?
昔は、blogを上げていなかったら「生きているのか?」なんて心配されたこともありました。
(でもつい5年くらい前の話なんですね)

いつか世界のサーバー上から、一斉にこのblogのような
どうでもよい情報はクリーニングされる日が来るかもしれませんが
ぼちぼちとまた続けれれば良いなと思います。

荒らしや誹謗中傷コメントなどがあまりなく(個人のblogですが)
温和にここまでやれてきたことに対し、見ていただいている皆様
(たまたま来た人、間違ってきた人、なぜか定期的に見てくれている人)全てに感謝いたします。

迷いながら進む人生を露骨にまた明日から書いていきます。
帰る筋道のない旅を、他人は「無謀」と言ったり「冒険的」と言ったり様々です。

多くの人は未来を見つめても何も見えない霧の中に存在し、
今立っているところと、振り返ることしかできません。
(時々人生設計通りに行っているという人も見ますが、みんなそうなのかな?)

特に僕は振り返りが多いです。反省だけなら猿でもできる、といわれたことありましたが、
立ち止まることも許されず、先を急ぐことも許されない時の中で、
思考までコピーされ、編集されることを「シェア」というぱっと見「善なるもの」的な名目で
あっという間に世界に拡散する時代に、あえて遠回りをしてルーツまでさかのぼり、
後ろ向きで、後退りしながら前に歩くこともあっても良いのではと最近思ったりします。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

転職はゴールドエクスペリエンス [ナツモノ]

転職は全て自分の責任である。
ge.jpg

ご存知、ゴールドエクスペリエンス。
能力の一部は「生まれた生物に攻撃を与えると、その攻撃を与えた者に同じ攻撃のパワーが戻ってくる。」
まさにこれが転職のリスク。

ruka.jpg

こうなっちゃいます。新しい職場が全て黄金の風が吹いているわけではないッッ!
ってことがことがよく分かりました。さてどうしようか。
022.jpg

オー人事もなぁ。とりあえず気持ちを落ち着けます。
pucci.jpg

チャップリンが「良いことが長く続かないように、不幸も続かない」と言ってたっけ。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

White Mountaineering [ナツモノ]

wm.jpg

今年はハリス・ツイード100周年もあってヘリンボーンなどが豊作。
僕もセットアップを狙っていますが(まだ暑いので買う気になれない)、
今持ってるヘリンボーンのジャケットを活かしたいと思っていました。

ここ5年くらいジャケットにはネクタイをきっちり締めて、
ベストかカーディガンインナーに着ていますが、
ヘリンボーンのジャケットにあわせるインナーが無くてあまり着てませんでした。
もったいないなぁと思っていましたが…

 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今年の誕生日は静かに [ナツモノ]

36.jpg

早いもので去年から1年経ちました。齢36になりました。
今年は腎臓の検査で入院、直後に地震釣りで滑落して人生初の松葉杖生活、
など色々ありました。
34歳のときはまだ30代前半でまだ若手、35は中途半端な感じ、36歳は…?
とりあえず40歳に向かっているという実感は余りありません。
ただ自分が想像していた「36歳の人」とは大分離れている気がします。

35歳は、病気もあって「忍」の一文字でしたが、
36歳は、一体どんな年になるでしょうか?


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

有明のTOEICは音が聞きづらい [ナツモノ]

黒!  綿棒 200本
 
 
 
 
 
 
 
 
「やっぱり今回は受験するの止めときゃよかった」
TOEICから帰ってきて家で耳かきをしながら僕は思った。
前回のTOEICで会社に求められている点数は普通にクリアできてたし、
今回は保険みたいなものだったから、お金がもったいないというだけで
モチベーションも低かったんだ。点数が悪くたってしようがない。

今回、仕事で忙しくて、しっかり準備が出来てなかったし、
でも人間に平等に与えられてるのは時間だけだって、 
5年位前に来たスパムメールに書いてあったなぁ。
「(勉強する)時間は作るものなんだ!!」なんて、
これまたタイムハックブームの時にきたスパムメールに書いてあった。
やっぱり自分が悪いのか?
 
いや、前に受けたTOEICもそうだったけど、
有明のテスト会場のスピーカーは音がだいたい篭ってる。
そりゃ、リスニングで満点近く取れる人には関係ないだろうけど
こっちはWhenとWhereの違いも聞き分けるのに注意がいるんだし。
そうだ、やっぱりスピーカーが悪いんだ。ありゃ酷い。
あんなのより、ラジカセのほうが音がクリアでよっぽど良い。
それじゃなきゃ、よっぽど滑舌の悪いネイティブを
採用したTOEICの陰謀としか思えない。
そのせいでリスニングが悪すぎて、リーディングなんてテンでやる気が起きなかった。
もう、有明のテスト会場で受けるのは無しだ。そうだ、そうしてやる。

そう結論付けた時、突然、今まで見たことない位大きな耳垢が出てきた。
びっくりした。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

夏の救出大作戦 [ナツモノ]

1932279B_5_D.jpg
もう夏服は買わないと決めた8月上旬。
UAメンズ館で、セールになっているkolorの再構築シャツ(白)
写真とは違います
を救出。kolorは近年、すごく良いですが今年は特に良いです。
すでに秋冬のパンツは購入していますが、今になって春夏に欲しかった
シャツをとうとう買ってしまいました。秋冬にとっておこうと思ったのに…。

しかし、この服、すごく良く出来てます。人が作って量産されたと思うと
「ええい、kolorの職人はバケモノか」 と思わずうなってしまうほど。
よいお買い物をしました。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

てをつなごう だいさくせん [ナツモノ]

tewotsunago.jpg
だんだんおともだちがふえて、だい4だんになってます。
てをつなごう だいさくせん」。
みんなはどれがなんのきゃらくたーかわかるかな?


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

The Long Goodbyeにならないように [ナツモノ]

DSC02119.jpg

日本で取り扱われてから、ちょこちょこと買っていたELSAの靴ですが
しばらくお休みに入るとのことで、一足買い足しました。
個人的に持っていない感じのもので、ELSAらしいと思った
ウィングチップが派手なグリーンになっているデザインのものです。
まじめになりがちな皮靴の中で、遊び心溢れるデザインと
履き心地の良さの両方を実現している稀有なブランドでした。

I'm looking foward to seeing you and your shoes again!
普通に履ける(良い意味で)変な靴。それがELSA。
直しながらずっと履くだろうと思える靴です。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - ナツモノ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。