So-net無料ブログ作成
検索選択
ナツブタイ ブログトップ

U-1グランプリ case03「職員室」 [ナツブタイ]

200911020003_b.jpg
U-1グランプリ case03「職員室」を赤坂で。
抱腹絶倒の2時間でした。
下ネタが多かったですが、目玉オヤジなどハプニングあり、
アドリブありの濃厚な舞台でした。
山西惇さん(写真の真ん中右)の生「よ、暇か?」という相棒ネタを見れて
得した気分でした。ちゃんとパンダマグカップを持っていて
相棒ファンにはうれしい演出でした。
来週は、西村雅彦、飯島直子の舞台です。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

二人の夫とわたしの事情 [ナツブタイ]

futari.jpg
最近、舞台のチケットが高確率で買え、先日はbunkamuraで
二人の夫とわたしの事情」を観てきました。
ケラリーノ・サンドロヴィッチの脚本、演出で、愛する夫を戦争で失った妻(松たか子)と
夫の親友(渡辺徹)と、戦死したはずの“前” 夫(段田安則)が中心人物。
相手を愛しているといいながら、本当は一番自分が好きな3人が繰り広げる戯曲。
笑いっぱなしの3時間でした。明日は、下北沢赤坂にいきます。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

博覧會~世界は二人のために~ [ナツブタイ]

hakurankai_l.jpg
博覧會~世界は二人のために~」を東京グローブ座で観て来ました。
-----------------------------------------------------------------------------
“運命の歯車は、くるくる回るよ二人のために。”


博覧會を前に、もう一旗上げようと台湾に集まった芸人たち。無謀な思惑の中、
ばかばかしくも不毛なリハーサルは続く。果たして、運命に吸い寄せられた人々は、
亜熱帯の熱に浮かされることなく、一花咲かせられるのか?
-----------------------------------------------------------------------------
それぞれのキャラクターが人間臭く、良かれと思って進めたことが
なかなか上手くいかない関係性は滑稽でもあり、悲しくも或る作品でした。

「博覧會」に出ようとしている皆が、自分の考える良い方向を目指して
結果ばらばらになってしまう様は、「博覧會」に展示されている物が、
なんとか「博覧會」の名の下になんとか体裁をたもっているものの、
それ一つずつをみてみるとよくわからないものだったりするようで。
愛すべき、そして愚かな人間の本質を描こうとしていると思わせる作品でした。


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
ナツブタイ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。