So-net無料ブログ作成
検索選択

この恐るべき鳥籠 [ナツ写]

sector559174392.jpg
<CONTAX Aria/Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4/Kodak TRI-X 400>

出ようとしなけれれば、多分ゆっくり死ぬまでそこにいれる。
出たら、外の世界を見ることができる代わりに、いつ死ぬかわからない。

一つ空間を仕切るものごときに、命だけでなく、生き方まで定められるのは
鳥じゃなくても人間でも同じことが起こるのだと、常々考えていたが、
さすがに目の前で起こると黙認することはできない。

誰が、何をしたがっていて、それに何をしてあげられるのか、
結果どうなるかを考えて動いたつもりが「徒労」という結果を生み出す。

出たいと思っているとか、出たそうとかは見てる人の勝手な想像で、
出てく時にはすでに準備もできて、覚悟もできている。

それでもここは我が家。いつかはきっと帰ってきてくれることを信じて。
君を待つため、籠を拭く。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。